短鎖脂肪酸 サプリ

短鎖脂肪酸は年齢による免疫力低下を抑制

短鎖脂肪酸は、太りやす身体を気にする人が利用しているイメージがありますよね?

 

 

腸内環境を整えると、血流不足や冷え性などにも効果が現れます。

 

血流が良くなれば、自然と体温が上がり、細菌などが体内に侵入してきても、細菌を死滅させられるようになります。

 

 

 

昔の日本人は、世界でも見直されるくらい食生活が良質でした。

 

自ずと腸内環境も整って、平均体温も37℃くらいあったそうです。

 

 

この37℃という体温は、ウイルスなどにも有効な温度で、体内にウイルスが侵入しても死滅させられる温度なんです。

 

もちろん、食べ物だけでなく、農作業などで体を使った仕事をしていたため、筋肉量も現代人と比べて多かったことが考えられます。

 

 

ちなみに、筋肉量が多いと体温は上昇します。

 

ボディービルダーをやっている人や、アスリートが病気になりにくいのはこのためです。

 

 

 

今は低体温と呼ばれる人が多いのは、筋肉量でなくて、短鎖脂肪酸を摂取するだけで体温を上昇させることができます。

 

 

また、太陽に当たらないように紫外線対策をしている人も体温が上がりにくいと言われています。

 

その理由は、太陽の光を浴びると腸が活発に働き出すと言われているからです。

 

これらのことを全て取り入れた生活に変えることは難しいですが、短鎖脂肪酸のサプリなどを飲むことで血流の改善は可能なんですよ。

 

 

37℃とまではいかないかもしれませんが、現状の体温よりも高くなることは間違いありませんので、短鎖脂肪酸で体温を上げてみてはいかかでしょうか?

 

 

 

 

トップへ

page top